ツライ症状と人生の転機

ツライ症状と人生の転機

リウマチは30〜50歳の女性に多い、腫れや痛みの症状に注意

つい先ごろ「ためしてなんとか」でやっていたのがリウマチだった。女性に多く症状が現れる病気のようで、放って置くと大変なことになるという話であった。なかでも衝撃的だったのが、手のレントゲン写真であった。指の関節が炎症を起こして、骨まで溶けてしまいあらぬ方向に曲がってしまっていた。あのような大変なことになる病気だとは驚きだった。病名は確かに聞くことがあるが、お年寄りの病という印象である。それが、比較的若いうちに症状が出てきて、それを見逃した結果らしかった。初めは関節のこわばりがあったり、腫れが起こったりするようです。
左右対称に症状が出るのも特徴のひとつのようです。

でも、なかなか診断は専門的な医師でも難しいのだということでした。

ただ、救いは以前と比べて早期に発見して、早期に治療すれば、進行を止められるようになってきているということです。
同じ頃の年齢で発症した人の、以前の患者さんと現在の方の比較が出ていましたが、以前の方は関節が曲がってしまったのに、いまの方は、全然普通に運動もできていました。医療分野の進歩もうれしいことです。
もともとは自己防衛の体のしくみが、過剰反応して起こるようですが、なぜそうなるのかは、いまだによくわかっていないようです。
30〜50歳くらいの人で、女性に多くおきる関節リウマチ。どこかおかしいと感じたら医師や周りの人に相談して、早めに対処することが肝心でしょう。わかってしまえば痛みや、炎症の症状が広がる前に治療が十分可能なようです。

関連情報