ツライ症状と人生の転機

ツライ症状と人生の転機

リウマチは原因不明の自己防衛機能の異常による症状

自分の体を守るための防衛機能が、過剰に反応して自分自身を攻撃してしまうことによって起こる関節の腫れや痛み。レントゲンで見ると、なめらかな関節の中が、細胞が壊されてぼさぼさになってしまう。そのまま進行すれば、骨を溶かして曲がってしまい、手の場合などは物をつかむのにも苦労するようになる。そんな病気がリウマチです。
他にも症状は人それぞれで、微熱、体重減少、全身倦怠感、食欲不振など関節だけとは限らないようです。
それだけなかなか発見できない厄介な病気ということでしょう。そもそも何が原因で起きてくるのかもわかっていないのだから、まだまだ、研究が必要なようです。
男性よりも女性に多く患者さんが出るのは、妊娠・出産、などのときの女性ホルモンが関係しているのではないかといわれます。

なかなか早期での発見が難しい病気のため、検査も1回では結論がでずに、何度も繰り返す場合があるようです。
血液検査のようですが、患者の負担が多いのは大変です。
原因がはっきりしないということで、病気そのものを直すということはできないのが現状。そのため、炎症の症状を抑える、痛みを和らげることが主に行なわれており、リハビリのような動かせる範囲を保つということが、おもな治療となっているとのこと。そのためには投薬も必要なわけで、薬を飲めば、当然副作用の危険もありえます。外科的に手術で直すこともあるようですが、進行してしまった関節ではそれも無理。だれでもなりたくてなるわけではないのですが、なってしまった人の苦痛が伝わってくるようです。
くれぐれもお大事に、としか言えないのが残念です。

関連情報