ツライ症状と人生の転機

ツライ症状と人生の転機

リウマチの症状の予防について

もう亡くなったのですが自分の祖父がリウマチでずっと苦しんでいらしたんですげどどうやら家系的に遺伝で自分にもそのような症状が感じられます。感覚的にはすべての間接において一般の人より軟弱とゆうかやわらかいんですね。全体の間接の作り自体がやわらかいので軽く形成不全で骨だけで立つことがなかなか困難なので筋肉をおとす生活をすると間接にもろに負担がかかりひざの間接を曲げたときなどにパキパキと音がします。
しかし間接がやわらかいので大きなけがをしにくいとゆう利点もあるのでなかなか一概に悪いとは言えないのですが、やはり年を重ねてくると間接が弱くなってくるので注意が必要だと思います。

祖父の場合は間接に風邪の菌がは入ってしまって発病に至ってしまったわけですが、まず間接だけの問題ではないのですが、体を冷やしてしまうとそれだけで体の抗体の働きが下がってしまいますので、子供のころはろもかくある年齢になったら体を冷やしすぎないことです。
体を冷さなすぎるのも体が弱くなってしまう可能性があるのでオススメしませんが、長時間の体を冷やす行為は意識して避けた方がいいかと思います。

そして現代は生活が便利になり運動する機会がへってきていますから、筋力の衰えが著しいですし、筋肉とゆうのは定期的に動かさないとどうしてもすぐに衰えてしまいます。なので一週間のうちに筋肉トレーニングを継続してやった方がいいと思われます。筋肉がなくなると間接だけで立とうとするので姿勢が悪い人などはすぐに骨にがたがきてしまいます。なかなか継続することは辛いですし根気が必要ですが、筋肉をつけるとゆうより「筋肉を維持していく」とゆう意識で継続していければ楽だと思います。

関連情報