ツライ症状と人生の転機

ツライ症状と人生の転機

リウマチは進行すると、かなり重い症状が出る病気です。<br />

学生の頃の、リウマチのイメージは、おばあちゃんによくある症状で、指を動かしにくくなったりして、日常生活が少し不自由になる。こんな風に思っていました。多分、昔読んだ小説などのイメージだったのだと思います。関節が不自由になったおばあちゃんが、孫に何かを手伝ってもらう。そんなシーンだったと思います。その小説自体が子供向けの物語だったので、あえて深刻なイメージを与えないように描かれたいたのかも知れません。

しかし、実際にリウマチになられた方にお話をうかがうと、想像とはかけ離れた病気でした。実はかなり深刻な症状を引き起こす病だと知って、驚きました。また、お年寄りになってから発症するのかと思っていたら、若い人では20代から、主に30代から60代くらいの女性に発症しやすい病気なのだと聞いて、イメージだけで病気に先入観を持ってはいけない、と感じた事をよく覚えています。何より驚いたのは、その症状の深刻さです。
治療せずに放置してしまうと、指の関節が変形してしまいます。より深刻な場合は、リウマチがきっかけで亡くなられる方も少なくないようです。
私の知っているその方も、関節が変形してしまい、非常に痛くてつらい。と言われていました。その方は、まだ、リウマチの優れた対処方法が無かった時代に発症されたので、自分ではどうすることもできなかったそうです。
今は、抗リウマチ薬という薬が開発され、症状の進行を遅らせることができるそうです。

関連情報